ワーゴニッポンから
「The Ichi(座市)」にリニューアルいたしました

The Ichiブランド

  • 価格帯で選ぶ

    900
    11,800
  • モチーフで選ぶ

~女の子はみんなライバル~
ゆかた屋hiyori流
1歩先行く浴衣コーデ

皆さんご存知ですか?日本の浴衣って、実はここ毎年120億円以上の売れてるんです!
作り手に言わせると、浴衣は数年周期で買い求める方が多くなる年があるそうで、最近だと一昨年(2016年)がそれにあたる年だったようですが、皆さんのお買い物意欲が一息ついた昨年(2017年)でも127億円にもなったそうです。
年に2~3回、花火大会やお祭りで着ていく以外はなかなか着る機会のない方もいらっしゃるでしょうから、1枚しか持ってないっ!という方は驚くかもしれませんが、最近は着物ブームもあって、普段着ている洋服のように、浴衣や帯を何着か持っておいて、その時々でコーディネートを変えて着まわすという方が増えて来ているかもしれません。
今日は、毎年新調する方、今年新しい浴衣を買おうかなと思っている方、今年は新しい浴衣は買わないつも通りの方、どんな方にも参考になる、ゆかた屋hiyori流の浴衣コーデの一工夫についてご紹介してみたいと思います。


浴衣のトレンド

ではまずは、最近の浴衣のトレンドからおさえておきましょう。
今の1つの傾向として、古典柄やレトロ調な色柄が主流です。この傾向は浴衣に限らず着物でも同じで、成人式の振袖や卒業式の袴などでも古典柄、レトロ調が流行っていて、通販サイトや駅ビルなんかに入っている着物屋さんでも流行りの色柄が多く並んでいます。要は【着物っぽいの(色使いの)浴衣】が流行っているわけです。これに加えて、ビビッドな色使いや、洋風の絵柄が2018年のトレンドとして登場してきています。

もう1つの傾向として、3~5万円という高級価格帯を選ばれる方も増えています。
冒頭でご紹介したような複数着で着まわしする方にとっては2着目3着目は当然いろいろリサーチして目が肥えてきますから、1着は良いものを!という方が増えてきていると想像できます。洋服のように1点パーツを豪華にすることで、全体コーデの質感もグッと上がってきますものね。
もちろん、かわいい浴衣はリーズナブルな価格でもたくさんあります!ネットの通販サイトでは4,000円前後の浴衣に素敵な浴衣を見つけている方が多いようです。

ゆかた屋hiyoriでコーデする

さて、本題のゆかた屋hiyori流コーデのご提案は、パーツとパーツのモチーフを合わせるコーデのご提案です。
ゆかた屋hiyoriの浴衣では、姉妹ブランドと組み合わせることで、1つ共通モチーフをコーディネートの端々に散りばめるというオシャレ上級テクニックなのです!浴衣定番のモチーフなどは大概コーデ可能ですから、既にお手元にある浴衣と合わせられるパーツを探していただくのは簡単です。今日はそのうち3つほどを実際にご紹介していきましょう。


その1:海月

hiyoriオリジナル 変わり織浴衣 深海に海月
5,900円(税別)

海月(クラゲ)のモチーフは何とも夏らしく、またいかにもゆかた屋hiyoriらしい1着ですが、姉妹ブランドのおびどめ屋wargoやかんざし屋wargoでもこの海月(クラゲ)をモチーフにデザインされた小物が取り扱われています。
海月(クラゲ)=かわいいと連想される方はそう多くはないと思いますが(笑)、実は水中の宝石とも呼ばれるている生き物で私たちが海水浴で遭遇する海月(クラゲ)は白一色ですが、実際には赤や黄色など非常にカラフルな海月(クラゲ)が多く存在し、水の中をふわふわと漂う様は実に神秘的で美しいです。水族館に足を運ばれる機会があればぜひ、デザイナーが心魅かれた美しい海月(クラゲ)たちをご覧になってみてくださいね。

とんぼ玉帯留め
海月 2,600円(税別)

星海月一本簪
3,900円(税別)


その2:宝石

hiyoriオリジナル 変わり織浴衣 淑女の追想
5,900円(税別)

浴衣自体が日本独特な服飾品ですから、デザインに取り入れるモチーフはいかにも和風なものに限りません。こちらはなんと宝石をモチーフにした浴衣!他ではなかなか目にすることのない斬新な発送ですが、なんとも可愛らしいですよね♪そしてこの宝石でも、同じモチーフでのコーデができちゃうんです!

hiyoriオリジナル 焼桐下駄 淑女の追想
2,200円(税別)

宝石箱帯留め ミル 1,400円(税別)


その3.金魚

高級変わり織り浴衣 綿紅梅風-百合と金魚
5,900円(税別)

異なる太さの糸を格子状に組み合わせた織り方で生地表面の凹凸が独特な、綿紅梅という高級浴衣の一種に似た質感が特徴のhiyoriのバイヤーセレクトの浴衣です。金魚は夏の定番モチーフですからお持ちの方も多いのではないでしょうか?花模様や麻の葉のような伝統文様が一般的なかご巾着などの和小物も、hiyoriなら金魚もご用意しています。

流水金魚とんぼ玉簪
3,400円(税別)

17代目光太夫 網代竹籠巾着 紺碧金魚
1,900円(税別)

いかがでしたか?
女の子はみんなライバル!自分だけ流行に乗り遅れるわけには行きません!!今年はぜひ周りのお友達や、街中ですれ違う浴衣女子がいたら、どんな浴衣コーデをしてるかチェックして、しっかり準備を整えて夏本番をむかえましょう。