The Ichiブランド

  • 価格帯で選ぶ

    1
    174,900
  • モチーフで選ぶ

え?浴衣なのに飾り紐つけてないの!?
飾り紐の由来と種類のご紹介

そもそも飾り紐って何・・・??

飾り紐はその名の通り、紐を使った飾りの事です。もともと伝統工芸品のひもを使用し、結び方、結びめによって作られていました。
例えば、浴衣、着物の帯締めとして使われたり、インテリアとして使ったり様々の用途があります。近年おしゃれアイテムとしてミサンガなどアクセサリーに使われたり、パーカーなどの洋服の紐にも使われています。意外と身近にあるので皆さんも見たことあるのでは?
ちなみにアニメーション映画「君の名は。」で話題になった【組紐】も同じ仲間です!


浴衣なのに飾り紐つけてないの?

浴衣というと帯締めや帯留めの出番がないこともありますが、近年浴衣に飾り紐を使われるようになってきました。
飾り紐を使うことで帯が緩みにくくなり、より着心地が良くなり着崩れも防してくれるのです。色もカラフルで夏らしいデザインが豊富なので、個性をだすことや、コーディネート全体をまとめる役割としても活用できます!!また浴衣だけでなく夏着物にも合わせることもできるので、「周りと差をつけたい」「ワンポイントほしい」というときは是非取り入れてみてください★


飾り紐のご紹介

17代目光太夫 つまみ真珠飾り紐-二輪鉄仙

17代目光太夫 つまみ真珠飾り紐-二輪鉄仙
¥2,900 (税込¥3,132)

日本の伝統技法「つまみ細工」を用いた、ゆかた屋hiyoriだけのオリジナル飾り紐が登場です。鉄仙の花をモチーフに、凛とした大小のつまみ飾りをあしらいました。
紐とつまみ細工の組み合わせは2種類。桃色と紅芋色の花に金色の飾り紐、青色と紺色の花に銀色の飾り紐を組み合わせ、可愛さの中に落ち着きのある雰囲気を引き立てます。鉄仙の周りと帯を結ぶ紐の両端に大小のパールビーズをあしらいました。つまみ飾りを外してシンプルな帯飾りとしてもお使いいただけます。シンプルな半幅帯にプラスして、帯のアクセントとしてお楽しみください。

17代目光太夫 つまみ真珠飾り紐-二輪水仙

17代目光太夫 つまみ真珠飾り紐-二輪水仙
¥2,900 (税込¥3,132)

日本の伝統技法「つまみ細工」を用いた、ゆかた屋hiyoriだけのオリジナル飾り紐です。
水仙の花をモチーフ、可愛らしい大小のつまみ飾りをあしらいました。紐とつまみ細工の組み合わせは2種類。赤と白の花に白の飾り紐、紫と白の花に紫の飾り紐を組み合わせ、大人っぽい雰囲気を引き立てます。水仙の周りと帯を結ぶ紐の両端に大小のパールビーズをあしらいました。つまみ飾りを外してシンプルな帯飾りとしてもお使いいただけます。シンプルな半幅帯にプラスして、帯のアクセントとしてお楽しみください。

17代目光太夫 つまみ飾り紐 梅

17代目光太夫 つまみ飾り紐 梅
¥2,400 (税込¥2,592)

日本の伝統技法「つまみ細工」を用いた、ゆかた屋hiyoriだけのオリジナル飾り紐が登場です。コロンとした小ぶりの梅の花を飾りにあしらいました。
紐とつまみ細工の組み合わせは3種類。臙脂色の花と紫色の飾り紐、青色の花と茶色の飾り紐、桃色の花に抹茶色の飾り紐を組み合わせ、「気高さ・長寿」を象徴する梅の花を引き立てます。帯を結ぶ紐の両端には小さなパールビーズをあしらいました。つまみ飾りを外してシンプルな帯飾りとしてもお使いいただけます。シンプルな半幅帯にプラスして、帯のアクセントとしてお楽しみいただけます!

17代目光太夫 水引飾り紐-亀甲結び

17代目光太夫 水引飾り紐-亀甲結び
¥2,200 (税込¥2,376)

二色の水引を結んで表現した、ゆかた屋hiyoriだけのオリジナル飾り紐です。
交差する紐の流れが美しい「亀甲結び」を大きくあしらった飾りに、くたっとした素材で、柔らかい光沢感のある飾り紐を組み合わせました。亀の甲羅を模した「亀甲結び」は、健康長寿を願う飾り結び。和装小物を変える事で浴衣の印象はガラリと変わります。wargoならではの、目を引く鮮やかなバイカラーの水引を用い存在感のある水引飾りとなりました。帯を結ぶ紐は三つ編み結び、両端は房状にまとめました。シンプルな半幅帯にプラスして、帯のアクセントとしてお楽しみいただけます!

17代目光太夫 つまみ飾り紐-菊

17代目光太夫 つまみ飾り紐-菊
¥2,400 (税込¥2,592)

日本の伝統技法「つまみ細工」を用いた、ゆかた屋hiyoriだけのオリジナル飾り紐が登場です。コロンとした小ぶりの菊の花を飾りにあしらいました。
紐とつまみ細工の組み合わせは3種類。赤色の花と黄金色の飾り紐、珊瑚色の花と銀色の飾り紐、水色の花に紺色の飾り紐を組み合わせ、「長寿・無病息災」を象徴する菊の花を引き立てます。帯を結ぶ紐の両端には小さなパールビーズをあしらいました。つまみ飾りを外してシンプルな帯飾りとしてもお使いいただけます。シンプルな半幅帯にプラスして、帯のアクセントとしてお楽しみください。

いかがでしたでしょうか?
是非この夏、飾り紐で周りと差をつけ、素敵な夏をお過ごしください!!