The Ichiブランド
  • 価格帯で選ぶ
    1
    168,000
  • モチーフで選ぶ
  • The Ichi
    • 花をあしらったアクセサリー

花のアクセサリーを身につけよう

花のモチーフはのアクセサリーの定番ですが、せっかくフラワーモチーフを見に付けるのなら、いつもと違う選択をしてみてはどうでしょう。花の種類で意外に見落としがちになるのが、日本の花です。西洋の花には華やかなイメージがありますが、桜のように艶やかで、季節を表し、色々な商品になっている花は滅多にないものです。また菊もシックなイメージがありますが、実物はとても華があります。桜や菊は花として非常に美しいもの、どんなモチーフにでも出来るんです。また春なら桜、梅、秋なら菊、楓と、花で季節を表現するのも、日本の美です。

フラワーデザインに似合う花、実は日本の花の方が良く知られており、また大変綺麗で華があるものが多いのです。例えば桜は、ご存じのとおり、町中を彩るほどの華やかさ、また菊は、清楚なイメージがありつつ、色や形が豊富な花です。アクセサリーにする場合、桜をモチーフにしたネックレスも素敵ですし、ボリューム感を出したヘアアクセサリーなども華やかです。菊ならそのままペンダントヘッドにするのも良いですし、色違いで重ね付けにしても素敵、アレンジも豊かに出来るんです。

花のかんざしで女子力アップ!

和アクセサリーで牡丹や梅をあしらったものは、どこか日本らしさを感じさせます。牡丹というのは、古くから文学作品、絵画などの主題として登場しています。梅も、木に主張することなく実るその様子は絵の題材として、着物の柄として使われてきました。牡丹、梅は非常に日本人の感覚にマッチした花と言えるでしょう。それらをデザインしたアクセサリーは、日本人女性のイメージにピッタリ合い、より女性らしさを演出してくれることでしょう。

かんざしは古くから日本人の女性に好まれてきましたが、現在では合成樹脂を使用したものも販売されています。デザインとしては、桜や菊などの日本的な図柄が好まれるようです。古くから用いられてきた素材としては、桜や桐などの木、べっ甲、今では貴重なべっ甲などがあります。
かんざしの魅力は、やはり絵柄と質感ですから価格重視よりも素材の良し悪し、デザインの良し悪しで判断したいものです。気に入った製品に巡りあえば、着物や浴衣を着るのが楽しくなるでしょう。

フラワーアレンジメントのすすめ

日本の花にはフラワーアレンジメントによく似合う、綺麗な種類がたくさんあります。赤から白、またはミックスなどかなり色の種類は多いもの、葉牡丹というのもあります。見栄えが大変良いので贈り物にすると、とても華やかです。また梅のように、華がある中にもシックな雰囲気が出るのは日本の花ならでは。派手にはしたくないけれど、おめでたい感じを出したい贈り物の時にはぴったりです。また梅も色や形が豊富なので、相手や目的に合った雰囲気の花を選んでください。

フラワーアレンジメントの贈り物は定番ですが、西洋花はうっかりするとワンパターンになりがち。無難な贈り物と思われてしまいます。一工夫して、日本らしい花を選んでみませんか。牡丹など大変華やかなので、入学、昇進、結婚などお祝いごとには全て似合います。また風格のある花なので、昇進など目上の人を立てているイメージを出すことも出来ます。還暦のお祝いなら梅なども素敵です。紅梅は清楚な中にも毅然とした美しさ、白梅は女性らしさが出ます。梅、牡丹ともに色や種類が豊富な花、細やかな気遣いを贈り物で表現できます。