1. The Ichi
  2. つまみ簪の世界
つまみ簪の世界| 和ファッションの総合通販サイト「The Ichi」

つまみ簪の世界

和ファッションの総合通販サイト「The Ichi」|つまみ簪の世界

伝統的な技法が今に伝わるつまみ簪

つまみ簪ときいて、はて? どんなものかしらと考えると思いますが、実物を見れば、「ああ、あれね」と誰もがご存知のはずです。 子供の頃、七五三の振り袖を着た時に結った髪に飾ってもらった、銀の小さなビラビラと布で作った花で出来ているかわいらしい簪。 或いは京都の舞妓さんや芸子さんの髪を、華やかに飾っている、あの簪がそうです。

伝統つまみ簪_菊花蝶上藤花簪
伝統つまみ簪_菊花蝶上藤花簪

つまみ簪は、現在は東京の伝統工芸になっています。 もともとは江戸時代に京都で作られていた花びらの簪で、江戸の中期には盛んに作られるようになりました。

かんざしに用いられているのは、小さな絹の布をつまんで折りたたみ、組み合わせて、花や鳥などに作り上げていく技法です。 彩りも美しく、とても繊細な細工が多く、当時の参勤交代をしていた大名にも江戸のおみやげとして喜ばれていました。

つまみ簪に吹く新しい風

つまみ簪は、小さな絹の布をつまんで折りたたみ、出来上がった一つ一つのパーツを花や鳥などのモチーフに作って(ふいて)いきます。 自然を感じさせ、また、四季の移ろいも表現することができるつまみ簪。 よく芸子さんの髪には、その月その月に違ったつまみ簪で、季節を表すのが習わしでした。

伝統つまみ簪_桜吹雪花簪
伝統つまみ簪_桜吹雪花簪

そんな小さなつまみ簪が近年は、七五三参りや、成人式、結婚式の髪を飾る簪だけではなく、アクセサリーとして用いられるようになってきました。 かつて和装の世界のものであったつまみ簪は、いまや洋装の世界にも受け入れられ始めています。

時代や和洋の壁を越え、つまみ簪の世界は今後も広がっていくのでしょう。 つまみ簪は、とても細かな細工です。この細工から織りなす世界には、無限の可能性が広がっています。

最近は職人さんだけではなく、この伝統技法に、独創的な想像力を加味した新しいつまみ簪が作られるようになってきました。かんざし屋wargoなどで手軽に手にはいるこうした新感覚の和風の髪飾りは、和装の髪の引き立てばかりではなく、和装を洋装っぽく表現する事も可能にしてくれます。 また、洋服にも使えるつまみ簪、つまみ細工も次々と作られています。現代の様式にマッチしたつまみ簪の技法は、新しいファッションのアイテムとして注目されています。 小さなつまみ簪の世界には、今、新しい風が吹いています。その世界を垣間見てみませんか。

あおいきりこ
画像の説明だよきりこだね
だいふく
画像のせつめいだよだいふくだね
おにぎり
画像のせつめいだよお腹減るね