wargo/帯の結び方「文庫結び」/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

  • wargo
    • 帯の結び方「文庫結び」
帯の結び方「文庫結び」

浴衣の帯結びの基本は「文庫結び」で、年齢を問わず使えます。これをマス ターすれば他の結び方に応用出来ますので、ぜひ覚えてくださいね。

文庫結び

帯の一番端を持ち、片腕分の長さ(約60cm)を半分の幅に折る。この折った部分を「手先」、その先の胴体に巻く部分を「たれ」と呼ぶ。

文庫結び

手先を右肩に預け(クリップで留めると良い)、たれの巻き始めを胸のすぐ下、体の中心に持ってくる。

文庫結び 文庫結び

帯がずり落ちない様に気をつながら、1.5周(脇あたりまで)巻く。

文庫結び

左手で、帯の巻き始めの下部しっかりとつかみ、右手で帯を真横にぐーっと引く。

文庫結び

④で締めたら、そのままお腹の前に回し、点線で斜めに折り上げる。

文庫結び 文庫結び

右肩の手先をたれの上に重ねてひと結びし、ぎゅっと締める。

文庫結び 文庫結び

反対方向にねじり、解けにくくする。

文庫結び 文庫結び

たれの先を肩幅程度の長さ(=仕上がりのリボンの幅)で折り、巻くようにたたんでいく。

文庫結び

中心部分にW字型 のヒダを作る。

文庫結び 文庫結び 文庫結び

ヒダの上に手先を重ねる。帯の結び目の下をくぐらせて上に通し、中央を結ぶ。手先をぐっと上に持ち上げる様に締める。

文庫結び 文庫結び

あまった手先を先端から折りたたみ、リボンの下部分から帯の内側にしまい込む。

文庫結び 文庫結び 文庫結び

リボンの形を整えたら、右回しに背中に回して完成。

いかがでしたか?最初は難しそうに見えますが、練習すればするほどきっと慣れますよ!参考にしていただければ嬉しいです!!他の文庫結びのアレンジもありますのでぜひ試してみてくださいね♪

【監修 : きものでかける 島崎加奈子】

あわせて読みたいこんな記事も人気です♪
このページのトップへ