The Ichiブランド
  • 価格帯で選ぶ
    1
    168,000
  • モチーフで選ぶ
  • The Ichi
    • スターリングシルバー、シルバー925、ピンクシルバーとは
banner column

銀色をしたシルバーアクセサリーに用いられている素材は、ほぼすべてが「スターリングシルバー(シルバー925)」です。また、薄い桜色をした「ピンクシルバー」も女性を中心に人気です。

スターリングシルバーとは、銀の比率が92.5%のシルバーを指します。シルバーが99.9%以上のものを「サラ(純銀)」と呼びますが、この素材でアクセサリーを作ってしまうと、強度が弱く、アクセサリーとして日常の利用が難しくなってしまいます。そこで、割金(わりがね)と呼ばれる、強度を上げるために、銅など他の金属を混ぜます。その割合がシルバーが92.5%、割金が7.5%のものをシルバー925、スターリングシルバーと呼んでいます。

もともと、12世紀のイギリスにおけるコイン製造の基準として用いられてきたスターリングシルバー。Sterlingという言葉は、現在においてもイギリスの通貨「ポンド」を指す(正式にはスターリング・ポンド-pound sterling)と同時に、そこから転じて優れた、本物の、信用できる、といった意味があります。

ピンクシルバーは、割金に使う銅の割合を増やすことによって、シルバーにやわらかいピンク色の色調をつけています。ピンクシルバーも時間が経つことによって、黒っぽく変色することもありますが、スターリングシルバーと同様のお手入れをしてただくことで、お買い上げ時の輝きを取り戻すことができ

その他にもブリタニアシルバーという、シルバーの割合が95.8%のものがアクセサリー用として用いられた時期もありましたが、スターリングシルバーと比較して銀の割合が多い分、強度も落ちやすくなります。
また、コインシルバーという、シルバーの割合が90.0%のものもあります。こちらは古くからコインとして多く用いられてきました。また、このコインシルバーでできたコインを溶かしてアクセサリーを製作することが流行したこともありましたが、現在では殆ど見ることができません。