wargo/桜花散桜一本簪(おうかちりざくらいっぽんかんざし)/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

桜花散桜一本簪
おうかちりざくらいっぽんかんざし

¥21,900 (税込¥23,652) 219 pt還元

画像
  • 納期:約1-2週間
  • ¥21,900 (税込¥23,652)
カートへ入れる

商品説明

人気モチーフ「桜花」と、春の終わりに吹き抜ける風を組み合わせデザインに落とし込みました。散りゆく桜の儚くも力強い、諸行無常の美意識を形にした銀簪(シルバーかんざし)です。
吹き荒れる春風の中で散る桜の姿を簪に仕立てました。柔らかな曲線を描く、いぶし加工を施したシルバーの風に、巻き上げられるように散る桜にはピンクシルバーを用いています。快晴の空に向かって天高く巻き上がる花弁が、キラキラと光を反射して揺れます。風に乗りより遠くへ散っていく下がりの花弁には、春の「旅立ち」や「別れ」の想いを込めました。旋風のように螺旋を描く軸と、表と裏で違う表情を見せるトップはボリューム感抜群。『桜花散桜』アクセサリーシリーズと合わせて、散りゆく時の流れを全身で感じるフルコーディネートもおすすめです。普段使いは勿論和装にも栄える、上品かつ存在感のある簪です。

デザイナーの想い

春の訪れを華々しく告げる桜も、季節の移ろいとともにいずれは必ず散っていきます。盛りの季節には桜の下に集い花見を楽しみ、花を愛でる日本人特有の心は、この姿が永遠ではないからこそ存在するのではないでしょうか。開花してから散るまでおよそ2週間あまりの間。煌びやかに咲き乱れ、時には強風にも耐え、いつかは時の流れに身を任せ散っていく姿は、私たちの人生のようです。必ず終わる一瞬の命を、桜のように美しく、精一杯生き抜く想いを込めた銀簪です。

アイテム詳細

【素材】SV925、ピンクシルバー、真鍮
【サイズ】全長:約13cm/幅:約2.9cm/下がり:約3.5cm

この商品をシェアする

このページのトップへ