wargo/ふんぞり蛙一本簪(ふんぞりかえるいっぽんかんざし)/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

ふんぞり蛙一本簪
ふんぞりかえるいっぽんかんざし

¥17,600 (税込¥19,008) 176 pt還元

画像
  • 納期:約1-2週間
  • ¥17,600 (税込¥19,008)
カートへ入れる

商品説明

丸められた蓮の葉にふんぞり返って座る蛙をあしらったシルバー製の一本簪(かんざし)です。
蓮の葉を脚の高い椅子に見立て、蛙がちょこんと座した姿を簪に落とし込みました。蓮の葉には、よく見ると葉脈が刻まれているリアルな作り。その頂点には、まるで人間のように腕を組み、物思いに耽るユニークな蛙の姿があります。大きな蓮の葉と蛙の小さなサイズの対比がユニーク。小さな蛙が見る世界は蓮の上程度ですが、夢見る世界は蓮の葉よりうんと大きな広がりを思わせます。オブジェとしても見応えがある存在感です。カジュアルからフォーマルまで、和装洋装を問わず使いやすい簪です。

デザイナーの想い

「井の中の蛙大海を知らず」ということわざから、小さな世界でふんぞり返る蛙をモチーフにしました。後世に追加された一文「されど空の深さを知る」。ふんぞり返っている蛙がふと顔をあげ、空を見ながら自分の人生を考えはじめたところを表現しました。蛙の視線での世界観を出すために蓮の葉の大きさは変えず、簪の軸に落とし込みました。葉を重ねることで葉の薄さを出し、雫が葉をつたう形にもこだわりました。蛙が座っている姿のバランスや腕を組んだ微妙な傾き加減まで細かく表現しました。蛙が自分の居る世界の小ささが分からなくても、別の側面から他のことに気づいたり何かを得たりすることができる。一つの側面だけで判断するのではなく、様々な可能性があることに自信を持って大胆に行動していただきたいという想いを込めました。でっぷりお腹を出しながらふんぞり返る姿はちょっぴり滑稽ですが、蛙好きには特におすすめです。

アイテム詳細

【素材】シルバー
【サイズ】全長:約13cm/軸:長さ約7.8cm
【重さ】23g
※まとめ髪に挿してお使いください。

この商品をシェアする

このページのトップへ