wargo/罫描き三つ並び松腕輪(けがきみつならびまつバングル)/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

罫描き三つ並び松腕輪
けがきみつならびまつバングル

¥5,200 (税込¥5,616) 52 pt還元

画像
  • 納期:未定
  • ¥5,200 (税込¥5,616)
再入荷おしらせ

商品説明

威厳ある松の模様を罫描き(けがき)で堂々と表現した、無機質な素材感とシンプルなフォルムでシーンを選ばないバングルです。
古くからおめでたいとされる「松竹梅」をそれぞれモチーフにしました。着脱も簡単で使い勝手が抜群に良く、装着口に丸みと厚みを持たせることで快適な装着感にもこだわっています。普段のカジュアルスタイルのアクセントにはもちろん、浴衣等の和装スタイルにもうってつけの逸品です。シンプルでさりげないデザインなので男性でも女性でも気軽にご使用頂けます。ボリューム感がありながらもシンプルなので単体でももちろん、お手持ちの腕輪と重ね付けして華やかに飾ることもできます。その日のスタイルや気分によって幅広いアレンジをお楽しみいただけるバングルです。

デザイナーの想い

松竹梅とは一説には「歳寒三友(さいかんさんゆう)」という「寒い冬という季節に友とすべき三つのもの」という意味を持つ四字熟語から来ているとされています。松と竹は冬の間も緑を保ち、梅は寒さの中で花を開くこととからこう呼ばれるようになりました。また、「歳寒」とは逆境や乱世を、「松」は長寿「竹」は子孫繁栄「梅」は気高さをそれぞれ意味しています。厳しい時だからこそ、健康を、家族を、心を、大切にしようというメッセージと解釈し、それらをいつも身につけられるアイテムとしてバングルを作りました。日本の代表的な樹木である松は、その変わらぬ緑から長寿のシンボルとして古来より尊ばれてきました。その毅然とした姿から百木の長ともされ、樹齢を重ねた大樹の姿には威厳を感じます。また、古くから祖霊の宿る神聖な木とされ、神がこの木に天降る事を待つ(松)ことが語源とも言われています。そんな松を文様化し、中央に余裕を持って堂々と罫描き、シンプルながらインパクトあるデザインにしました。悠久の時を生き、聖なるものを待つ。その松の泰然とした威厳をいつでも身に纏うことのできるバングルです。

アイテム詳細

【素材】真鍮
【サイズ】幅:約0.8cm,厚み:約0.2cm,内周:約16cm

この商品をシェアする

このページのトップへ