wargo/つば帯留め-桜九曜(つばおびどめ-さくらくよう)/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

つば帯留め-桜九曜
つばおびどめ-さくらくよう

¥3,600 (税込¥3,888) 36 pt還元

画像
  • 納期:約1ヶ月半
  • ¥3,600 (税込¥3,888)
カートへ入れる

商品説明

武士の手を守る「鍔(つば)」。山桜紋と大きな星の周りに八つの星を配した九曜紋を組み合わせて仕立てた鍔が帯留めになりました。
「日本の伝統文化」着物をより美しく見せる帯、帯をより美しく見せる帯留め。和装小物を変える事で着物の印象はガラリと変わります。着物だけではなく、浴衣にも帯締めや帯留めをプラスしていただくことで、ワンランク上の着こなしにすることも可能です。wargoならではの、細部までこだわりぬいた造形と遊び心たっぷりに帯留めが誕生しました。日本ではなじみ深い「鍔(つば)」と「家紋」をモチーフに帯留めに仕立て上げました。鍔の表裏面は、温もりを感じるマット仕上げ。側面は艶のある磨き加工と仕上げに表情を付けました。レトロな雰囲気がたっぷりつまった帯留め(ブローチ)です。帯留め(ブローチ)だけではなく、革ベルトやチェーンなどに通して洋装に合わせてカジュアルにお使いいただけます。一つ身につけるとインパクト抜群。シンプルな帯にも、大きな柄の帯にもよく映えます。着物や浴衣の柄やモチーフに合わせたコーディネートにお楽しみいただきやすい帯留めです。日本の伝統美を、和小物の枠に捕われず自分らしくおしゃれに普段のファッションにも取り込んでください。

デザイナーの想い

侍の時代、その象徴である刀剣の一部「鍔(つば)」を帯留めに仕立てました。デザインは家紋をモチーフとして鍔の形に落とし込んでいます。モチーフの「九曜紋」は、星紋とよばれる紋の一種で天体を図案化した家紋の1つです。利休七哲の一人に数えられるの教養人武将の細川忠興や、石田三成や片倉小十郎といった有名武将が使用していた家紋としても有名です。刀の中心を通す中心穴(なかごあな)の脇にある笄櫃(こうがいひつ)と、小柄櫃(こづかひつ)に帯締めやベルトを通すことで帯留めは勿論様々な方法でご使用頂けます。侍の時代に武士達がこだわったお洒落のひとつである鍔を、ぜひ現代のお洒落にも取り入れて頂きたいです。

アイテム詳細

【素材】真鍮
【サイズ】縦約4.1cm×横約3.9cm,厚み約0.2cm

この商品をシェアする

このページのトップへ