wargo/伊賀組紐藍首紐-女(いがくみひもあいネックレス-レディース)/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

伊賀組紐藍首紐-女
いがくみひもあいネックレス-レディース

¥4,200 (税込¥4,536) 42 pt還元

画像
  • 太さ:細(幅2mm)
完売しました
  • 太さ:太(幅3mm)
完売しました

商品説明

かすう工房×伊賀組紐

伊賀組紐の始まりは古く、奈良時代以前にまで遡ると言われています。現在ではストラップやグラスコードなども作られ人気を博しています。

伊賀組紐をふんだんに使ったネックレスチェーンです。上質のシルク(絹糸)を高密度でぎっしり編みこんであるため、つけ心地のよさと強度を誇ります。引っ張った時にキシキシと音がするのがその証です。フック部分は糸巻きをイメージしたシルバーパーツがつき、かなり洗練されたデザインになっています。組紐の職人とかすう工房の職人の技が光る、和、洋どんなシーンでも合い、ずっと使っていただける逸品に仕上がりました。

伊賀組紐についてはこちら


伊賀組紐とは
伊賀組紐の始まりは古く、奈良時代以前にまで遡ると言われています。平安時代には仏具、神具等に凝った紐が用いられるようになりました。武士階級の時代になると甲冑や刀剣の紐が多く生産されるようになり、武具類を中心とするくみひも文化が生まれました。廃刀令が出て、武家社会が崩壊してからは、江戸時代の伝統くみひもの技術は和装に欠くことのできない帯締め、羽織紐として親しまれ、現在ではストラップやグラスコードなども作られ人気を博しています。

アイテム詳細

【素材】シルバー・シルク(絹糸)
【サイズ】長さ50cm

※「かすう工房」の商品は、すべて職人がひとつずつ手作りで少数を生産しております。そのため、再生産、再入荷はございませんので、売り切れの際はご容赦下さい。

この商品をシェアする

このページのトップへ