あなたの肌質にはどんな石鹸が合う?成分から見る石鹸のいろは

あなたの肌質にはどんな石鹸が合う?成分から見る石鹸のいろは

  • 投稿日
  • 2020.12.03
  • 295 views

石鹸でスキンケアを始めてみたものの、どうも肌に合わない気がする…。そんな経験はありませんか?それはもしかすると、あなたの肌質に石鹸の成分が合っていないのかもしれません。この記事では、乾燥肌・脂性肌・混合肌に合う自然派石鹸の成分について紹介します。

あなたのお肌はどんな肌質?

乾燥して粉をふいてしまったり、油脂が多くてメイクが崩れやすかったり。肌トラブルは十人十色で、しかも季節やホルモンバランス、年齢や体調、食事の内容や生活スタイルによっても変化します。
 

ですが傾向として、「乾燥しがち」「油脂が気になる」という状態があるのでは?

 

今回の記事では、

  • 乾燥肌(ドライ肌)
  • 脂性肌(オイリー肌)
  • 混合肌(インナードライ肌)

この3パターンに分けて紹介します。

 

乾燥肌

洗顔後に顔がつっぱる感じがする、小ジワが気になる…。そんなあなたは乾燥肌かもしれません。乾燥肌は、肌の油分や水分が失われやすい肌質です。お年を召した方に多いほか、アトピーや花粉症など、トラブル時にも起こりやすい状態です。

 

脂性肌

顔のテカリやニキビが気になる、夕方になると化粧崩れがひどい…。そんなあなたは脂性肌かもしれません。脂性肌は、肌の油分が過剰に分泌される状態です。思春期の中高生に多く、ニキビなどトラブルの原因にもなります。

 

混合肌

混合肌は、乾燥肌と脂性肌の混合型。おでこはテカリが気になるのに頰は乾燥しがちだったり、あるいは肌の調子が安定せず、乾燥したりオイリーになったりを頻繁に繰り返します。原因は食べ物だったり冷暖房の風だったりと千差万別ですが、悩んでいる方がとても多い肌質です。

乾燥肌におすすめ!スキンケア石鹸の成分一覧!

乾燥肌の方は、保水に重きを置いたスキンケアをおすすめします。石鹸を買うときは「しっとり」などと書かれたものを選ぶといいでしょう。

 

乾燥肌の方におすすめの石鹸の主成分
・オリーブ油
 

乾燥肌の方には、油分を取りすぎないオリーブ油が主成分の石鹸がおすすめです。石鹸を使わず、かわりに「ぬか袋」を使ったケアもおすすめ。油脂を守りながら、お肌を優しくきれいにできますよ。

 

乾燥肌の方におすすめの石鹸の天然成分

・月見草エキス
・カミツレエキス
・ツバキ油
・コメヌカ油

 

月見草はγ-リノレン酸と呼ばれる成分が豊富で、お肌を刺激から守る作用があるとされています。アトピー性皮膚炎にも効果があるとされていますよ。お肌のキメを整える効果も強いとされており、シミやシワが気になる方にもおすすめです。

 

カミツレ(カモミール)は乾燥や湿疹、あせもなどの肌トラブルをしずめるとして、ヨーロッパで昔から使われてきたハーブです。普段から乾燥が気になる方はもちろん、保湿に加えて消炎の作用があるので、「花粉症の時期で鼻周りがガビガビになってしまった」などのトラブル時にもおすすめです。

 

ツバキ油は昔から日本女性が保湿に使ってきた成分。「椿油をしみこませた黄楊(つげ)の櫛」は、万葉集の歌にも詠まれるほど昔から日本人女性に愛用されてきました。髪と特に相性のよい椿油ですが、全身の保湿に使えますよ。

 

コメヌカ油も多くのビタミンやアミノ酸を配合しており、肌に栄養と与え、水分を保持してくれます。

脂性肌におすすめ!スキンケア石鹸の成分一覧!

脂性肌の方は、油分をしっかり取れるスキンケアをおすすめします。石鹸を買うときは「さっぱり」などと書かれたものを選ぶといいでしょう。

 

脂性肌の方におすすめの石鹸の主成分
・パーム油
・牛脂
 

パーム油や牛脂を使った石鹸は洗浄力が高いので、脂性肌の方におすすめです。さっぱりとした洗いあがりになりますよ。

 

脂性肌の方におすすめの石鹸の天然成分
・オレンジエキス
・ユズエキス
・日本茶エキス
・炭
 

オレンジエキスやユズエキスには毛穴をきゅっと引き締めてくれる効果があるとされています。開いた毛穴に汚れが溜まるのを防いで、ニキビを予防してくれますよ。お肌を滑らかに整えてくれる効果もあるとされています。

 

日本茶エキスには、抗菌成分であるカテキンが含まれています。こちらもニキビの予防に効果的。ポリフェノールの美白効果も期待できます。

 

炭も脂性肌の方におすすめの成分です。炭は油脂や汚れ、匂いなどをしっかり吸着してくれる物質。顔の油脂だけでなく、体の匂いが気になっている方にもおすすめです。

混合肌におすすめ!スキンケア石鹸の成分一覧!

混合肌の方が皮脂を取りすぎる石鹸を使ってしまうと、かえって肌トラブルを招きがち。
 

肌の状態に応じて乾燥肌向け・脂性肌向けの石鹸を使い分けるか、面倒な場合は乾燥肌向けの石鹸を使って保湿をしっかりすることをおすすめします。

まとめ

見た目だけで選んでしまうと、「なんだかつっぱる…」「ベタベタする…」などと失敗する事もある石鹸。石鹸とひと口に言っても、お肌の油脂を守るものやしっかり取るもの、様々な種類があります。ぜひお肌に合うものを選んでくださいね。