wargo/足袋の歴史/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

かんざし,根付,和シルバーアクセサリー,帯留め,和傘,浴衣

5,000円以上で送料無料!!!

足袋の歴史

足袋の歴史

足袋の起源については諸説あり、そのひとつに5世紀ごろに中国から日本へ伝わったとされる「襪(しとうず)」という履き物が発展したという説があります。襪は指股がなく現在の靴下のような形状で、履いた後に足首のところを紐で結ぶというものでした。平安時代以前の貴族は草履を履く習慣がなく、現代のスリッポンのような「浅沓(あさぐつ)」やブーツ状の「かの沓(かのくつ)」が着用されていたため、その下に履く靴下のような役割として用いられました。よって、「襪(しとうず)」とは「下沓(したぐつ)」が訛ったものとされています。平安時代に入ってからも、礼服には錦、朝服には白を着用することとされ、階級によって綾絹、練絹、麻などが使い分けられていたようです。また、特殊なものとして皮革製があり、主に蹴鞠や舞楽の際に着用されました。

また、同じく平安時代に「山家(やまが)」と呼ばれた猟師たちが、山野で足を保護するため、猿や熊、鹿などの毛皮を履き物にし、指先に股をつけた「毛足袋」を履いており、それが後世の足袋の原型となったとする説もあります。

足袋の語源

襪を履いていた公家に対して、武家が主に着用したのが『単皮 (たんび)』です。平安時代の『倭名抄』には、「町人は鹿皮を以て半靴(はんか)を為(つく)る。名付けて単皮(たんび)と日う」という記述が残っています。単(ひとえ)の皮を使った、今でいう靴のようなもので、その「たんび」が後に「たび」に変化したという説があります。鎌倉時代の『宇治拾遺物語』に「猿の皮の足袋はきなして」という記述があることから、11世紀には「足袋」の字が使われていたことがわかっています。ただし、この頃に用いられた足袋(たび)は、まだ指の股が分れておらず、今のように親指が分れた形状となったのは、室町時代になってからと言われています。

また、ほかの説としては、足袋の形を鼻に見立て、両足揃うと4つの鼻に見えるために「多鼻」となったという説、旅に出る際に足を痛めないよう鹿皮でできた袋で足を包んで出かけ、この旅沓(たびぐつ)を略して「たび」→「足袋」と変化したという説があります。

足袋の発展

室町時代以降、草履の普及とともに、武士の間で皮革製の足袋が普及しました。文禄(1592~1596年)の頃には、男性は白の革足袋や、小桜などの模様を染めた小紋足袋、女性は紫色に染めた紫足袋を履く習慣が生まれました。とはいえ、履く時期は9月から翌年の2月までなど細かく規定され、さらに老中や城主の許可が必要でした。また、当時の武家の間では、人前で足袋を履くことは無礼とされており、礼装や主君の前では素足でいることが礼儀とされていました。一方で、戦乱の世となるにつれ、革足袋が軍装として使用されるようになりました。

木綿製の足袋の登場

江戸時代に入ってからも革足袋が一般的でしたが、1657年に起こった「明暦の大火」の後、防火用として庶民がこぞって革の羽織などを買い求めるようになり、皮革の値段が高騰。そのため、足袋に廉価な木綿を使ったところ、肌触りがよく履き心地がよいと評判になり、急速に普及していきました。白の無地の他に、染め分け足袋やうね刺し足袋という、絹糸で刺した足袋などさまざまな種類が登場。色は時代に応じて流行が変化していきましたが、次第に白、黒、紺が主流になりました。江戸の武士の間には、礼装の際に白足袋を用いるという考え方が広まり、また 江戸町人は、紺足袋を用いるようになりました。なお、現在も白足袋や色足袋、小紋足袋などさまざまな種類の足袋がありますが、礼装には白足袋と決められています。また、宝暦 (1751年) 頃から薄地の夏足袋が作られるようになり、一年中履かれるようになりました。

留め具の進化

元禄(1688~1704年)の頃には、中国から渡ってきた財布に付いていた爪を応用し、現在の足袋の原型となる、足首を「鞐(こはぜ)」で留める足袋が開発されました。また、ボタンで留める足袋も作られるようになりました。しかし、農村部を中心に一般庶民には紐で結ぶタイプの足袋も依然として使用されており、「鞐掛け(こはぜがけ)」の足袋が広く普及するのは明治時代に入ってからでした。鞐(こはぜ)は明治時代までは2枚が主流で、現在は3枚~6枚のものがありますが、一般的には4枚のタイプが用いられます。鞐(こはぜ)の数が少ないほど正座が楽で、数が多いほど立ち姿が美しいと言われています。

足袋の一般化と衰退

明治時代に入ると、足の保温効果や利便性、またはファッションの観点から一般庶民へ広く普及していきました。さらに、屋外でより実用的に使用する目的で「地下足袋」が作られるようになりました。しかし、戦後以降は、和服から洋服への転換が進み、とび職などの一部の職業を除いて日常的に履く機会は失われていき、武道や華道、茶道など、伝統的な日本の催事に使用されるに留まるようになりました。

新しい足袋の登場

近年になり、指の股と股の間が空いていて足の裏が敏感になる足袋は、足が疲れにくく健康によいと、そのよさが見直される傾向にあります。また、洋装にも合わせられるカジュアルな柄やデザインの足袋が登場したことで、感度の高い若者たちから"新しいファッション"として認知され始めています。

このページのトップへ