wargo/狐小鍛冶一本簪(きつねこかじいっぽんかんざし)/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

かんざし,根付,和シルバーアクセサリー,帯留め,和傘,浴衣

5,000円以上で送料無料!!!

狐小鍛冶一本簪
きつねこかじいっぽんかんざし

¥18,400 (税込¥19,872) 184 pt還元

画像
  • 納期:すぐにお届け
  • ¥18,400 (税込¥19,872)
カートへ入れる

商品説明

能の謡曲「小鍛冶(こかじ)」に謡われた名刀小狐丸の伝説をモチーフに仕立てた抜身の刀型の一本簪(かんざし)です。
抜身の刀を簪の軸に見立て、鍔から冑金(かぶとがね)までの飾り部分には黄金色に輝く狐を配しました。有名な能「小鍛冶」に登場する鍛冶三条宗近の相槌をつとめた狐の姿となって現れた稲荷明神の化身をイメージしています。刀に吸い付くように体を寄せる小さな狐の口には、稲荷の狐が相槌となり御剣を打つのを手伝ったという伝説さながらに、小槌を口に加えています。鍔には同名の小狐の名を持つ儀仗太刀(ぎじょうのたち)の特徴である唐鐔(からつば)を採用し、左右に輪状の透かしを施しました。唐鐔の特徴である渦巻文を彫り込み細部にまでこだわった仕上がりです。柄には大小の凹凸の質感も丁寧に彫り込むことで、鮫皮を表現。細やかな凹凸が創りだす陰影が、シルバーの特徴である柔らかい光沢を放ちます。アクセサリーとしての着用時のみならず、オブジェとしても見応えがある存在感です。刀剣という武器をモチーフながらも、着物・浴衣だけでなく洋服にも是非合わせて頂きたい簪です。

デザイナーの想い

平安時代の刀匠・三条宗近に稲荷明神が力を貸し打たれたと語り継がれる、現存しない宝刀「小狐丸」の伝説を題材に簪を仕立てました。日本刀が現在の形態である反りをもつ湾刀へ移行した時代、宗近は代表的名工として伝説的な宝刀を生み出した一派です。その名声が能の謡曲「小鍛冶」として現代にも語り継がれています。一条天皇の勅命という大仕事を受けるほど実力を持ちながら、相槌を打てるほどの弟子がいなかったことがこの物語の始まりです。どんな技量を持っていたとしても、ひとりでは成し得ぬことがどうしてもあるでしょう。その瞬間に直面した時あなたに相応しい仲間が手を貸してくれるよう、この簪に願をかけてみてはいかがでしょうか。柄に舞い降りた稲荷明神は、本来は五穀豊穣と商売繁盛の神として古くから日本人の信仰を寄せられています。お守りのように懐刀として連れ、実り多き日々をお過ごしください。

アイテム詳細

【素材】狐:真鍮/軸:シルバー
【サイズ】全長:約16cm/軸:長さ約11.5cm

この商品をシェアする

このページのトップへ