wargo/江戸組紐五嶋紐帯締め-矢羽根(えどくみひもごとうひもおびじめ-やばね)【桃・緑・青】/~日本のカルチャーを世界へ~和のファッション通販サイト:和柄シルバーアクセサリー , 簪(かんざし)専門店 , 和柄Tシャツ , 手ぬぐい , 和小物

江戸組紐五嶋紐帯締め-矢羽根
えどくみひもごとうひもおびじめ-やばね

¥2,900 (税込¥3,132) 29 pt還元

画像
  • 納期:未定
  • ¥2,900 (税込¥3,132)
再入荷おしらせ
画像
  • 納期:未定
  • ¥2,900 (税込¥3,132)
再入荷おしらせ
画像
  • 納期:すぐにお届け
  • ¥2,900 (税込¥3,132)
カートへ入れる

商品説明

着物通に愛され続けている「五嶋紐」。パステルカラーの色合いが優しい無形文化財五嶋紐正絹帯締めの三分紐です。
素材にこだわり、上質のシルク(絹糸)を編みこんであるため、しなやかな手触りとキュッキュと絹鳴りの音が心地良く響きます。「五嶋紐」の帯締めの特徴は、美しい仕上がりと締めやすさと緩みにくさ。着物通の定番として人気を集めています。より身近にカジュアルに身につけていただけるようパステルカラーで矢羽根模様に仕上げました。明るい色の帯締めは、重めの色の帯と合わせて締めると全体がきりっと引き締まり、軽やかな印象に。程よい張りのある風合いで、実用にも富んだ帯締めです。帯留めと合わせて、すっきり美しい着姿の仕上げに。カジュアルな装いだけではなく、フォーマルなお着物にもお使いいただけるデザインです。

五嶋紐とは
五嶋紐の歴史は、下町に息づく伝統の技、江戸組紐の職人であった故・五嶋敏太郎氏により確立された組紐から始まります。皇室に献上する草履の鼻緒に使われた組紐第一号となりました。昭和30年(1952年)、衣料品では日本初となる国の技術保持・無形文化財に指定されています。現在では三代目が五嶋紐の技術と伝統を守っています。締めやすく緩みにくい五嶋紐は、帯締めの代名詞となっています。

アイテム詳細

【素材】シルク(正絹)
【サイズ】全長約127cm(房は除く)/幅約0.8cm

この商品をシェアする

このページのトップへ