2016.3.4

✿。.゚蛇、桜。ペンは剣よりも強し+:✿

 

皆様こんにちは(❂◡❂)

本日は新作ざくざく金曜日ですよっ!!!…もうご覧になりましたか?!『あの、人気シリーズ』の最新作!先ほどwargo通販でも公開されたところ、既にSNSで話題(´⊙ω⊙`≡´⊙ω⊙`)‼︎ 本日デビューの新作は全部で4点。早速ご紹介いたします(`◕‸◕´+)
IMG_5435 (1)

 

.゚桜花。.゚+:

かすう工房創業以来の『桜花』…2016年は『成長』の象徴、に咲き乱れるをあしらい『繁栄』を意味する唐草の意匠を施しました。

やわらかな曲線で表現した蛇へ施した唐草文様には、いぶし加工を施すことで全体を引きしめ甘さ辛さを調和させています。光が当たるとないぶし加工のメリハリが効いて文様が浮き出て見えるのですよっ()

IMG_5437

桜花蛇桜指輪】…が指にぐるりと巻き付くような、怪しげでのあるデザイン。尻尾の先を詰めて自分の指に合わせて大きさを変える事ができます。尻尾の角度を変えれば個性を宿らせることもできます。
IMG_4425

 

桜花蛇桜根付】…が重なり合いながら『』になるよう意識したデザインは、止まぬ成長が願われています。IMG_4411

桜花蛇桜耳刺】…小さいながらも、裏側まで唐草文様の彫り込まれたは根付と同しく、体を捩じらせ八の字を描き確りと『』を作っています

IMG_4406

いかがでしょうかっ、実は桜の花と花びらにはかすう工房独自配合のピンクシルバーを使用し『桜色』を表現しているのです! これにより淡く儚いの印象をより強調しています(*✪‿✪*)~

次に、かんざし屋wargoより大人気アンティーク簪の最新作をご紹介いたしますっ‼︎IMG_5441

ღ゚+.羽根ペン一本簪ღ゚+.

羽根の柔らかな表現や、フルール・ド・リス(百合)風のアンティーク調な装飾等、細かい造形はどこか魔法の力が宿っていそうです(´✪ω✪`)

最も歴史の古いペンの一種とされる羽ペン。ペンという言葉の語源はラテン語で『鳥の羽根』を意味する『penna』に由来しています。羽根には古来より様々な意味を持つとされており、鳥が飛び立つことから飛躍』『運気上昇』の象徴とされ、風を起こして『幸運』や『喜び』を呼び込むとされています。能力や長所を高めるお守りのようになって欲しいという想いを込めています。

かんざし屋wargoのアンティーク簪のファンの皆様、そして骨董趣味の皆様、スチームパンクのお洒落愛好家の皆様、文学少女の皆様へ届きますようにっ+゚ヽ( ◜◡◝ )ノ゚+。IMG_5442ペンは剣よりも強し』、すなわち文は武に勝るということ。しかしながらこれは簪です。どうか皆様もこの簪を身につけ、自由なお洒落を楽しむことで『装い』の表現世界に平和をもたらしてくださいませっ(Ő▽Ő)

週末のお出掛けの際には是非とも最寄のお店へ足をお運び下さいね! それでは皆様、楽しい週末を!